白猫テニス】お勧めキャラクター!~クレーコート編~

前回のグラスコート編に続き今回はクレーコートを紹介します。
www.shigu.work
※ステータスは完凸した数値です。
※スーパーショットはSSと略します。

第1位 ディーン

f:id:Shigu:20171012104625j:plain:w300

タイプ サーブ
スイングエリア せまい
ステータス 基準値
サーブ 398
ストローク 327
テクニック 297
スタミナ 348
スピード 313

リーダースキル
スタミナ消費量-5%
オートスキル1
サーブ時、ストローク+30%
オートスキル2
スタミナが緑色で、スタミナ消費-25%
スーパーショット
打球時、自身のスタミナを50回復し、さらに2ポイント間、神気剣を展開する高速ショット。展開中は、打球判定に応じて本数の異なる20ダメージの空中型ギミックが発生する。

◆良いところ
神気剣を展開中に相手のミスしやすい!
サーブタイプの中では持久力がある。
◆悪いところ
スタミナが黄色になると、耐久が出来なくなる。

第2位 レクト

f:id:Shigu:20171012104946j:plain:w300

タイプ テクニック
スイングエリア ひろい
ステータス 基準値
サーブ 311
ストローク 334
テクニック 443
スタミナ 358
スピード 374

リーダースキル
リーダーとサブのスタミナダメージが+10%
オートスキル1
ストライカー状態中は、スマッシュが神速ショットに変化する
オートスキル2
相手よりポイントが多い場合、感電を無効化する
スーパーショット
打球時、失点までストライカー状態に変身する高速ショット。変身中はスピードが40%上昇し、スタミナダメージを無効、ドロップが早めのドロップショットに変化するが、SSゲージが増加しない。

◆良いところ
SSゲージがすぐ貯まる。
変身後のドロップショットとスマッシュが強力!
◆悪いところ
変身中はSSゲージ貯まらないので長期戦に持ち込まれるて、相手のSSゲージを貯められることがある。

第3位 キャロ

f:id:Shigu:20171012105007j:plain:w300

タイプ スピード
スイングエリア せまい
ステータス 基準値
サーブ 293
ストローク 353
テクニック 320
スタミナ 323
スピード 389

リーダースキル
スピードタイプのストローク+5%
オートスキル1
リード時、スリップ無効
オートスキル2
リード時、スタミナ消費-15%
スーパーショット
打球時、特殊バウンド状態となり、2ポイントの間バウンドする方向が変わる。
◆良いところ
SSのルーク・ポーンが強い!
◆悪いところ
リードしないとオートスキルが使えない。
馬が弱い。

第4位 神器ツキミ

f:id:Shigu:20171012105346j:plain:w300

タイプ サーブ
スイングエリア せまい
ステータス 基準値
サーブ 444
ストローク 338
テクニック 350
スタミナ 383
スピード 355

リーダースキル
サーブタイプのスピード+5%・ストローク+3%
オートスキル1
回復アイテム取得時、感電・燃焼を回復し、20秒間感電・燃焼無効
オートスキル2
ジャストショットで返球時、お団子を1個出現させる
スーパーショット
打球時、スタミナを50回復する月見団子を4つふるまう高速カーブショット
◆良いところ
SSゲージを貯めやすい。
お団子で感電・燃焼状態を回復&無効できる。
◆悪いところ
ディーンとタイプが被っていて選択肢からよく外れる。
得点を決めることが難しい。

第5位 神器フラン

f:id:Shigu:20171012105411j:plain:w300

タイプ テクニック
スイングエリア ひろい
ステータス 基準値
サーブ 299
ストローク 317
テクニック 398
スタミナ 317
スピード 363

リーダースキル
テクニックタイプのスピード+5%、テクニック+3%
オートスキル1
5打球するまでスピード+15%
オートスキル2
スタミナ消費量-10%
スーパーショット
打球時、ボールが消えるショット。消えている間は打ち返せない。全球種で使用可能。

◆良いところ
ザックとの友情スキルでジャスト時にボールが消える!
SSの得点力が高い。
◆悪いところ
SSを読まれると持久戦になってしまう。
相方がザック。

まとめ

『キャロ』は、もうすぐ神器来てくれないかな?
オートスキル強化だけでもかなり強くなると信じてます。

人権と言われる『オスクロル』『イロメロ』『シュシュ』『スウィートソフィ』は手に入れることが出来てません!
相手を見ても人権が強いのは分かります。
ですが、今回紹介したキャラも十分に使えるので育成してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。